【マイナス32kg】1日1,000kcalの食事制限で9kg→64kgのダイエットに成功したときの話。炭水化物は食べても痩せる。

僕が学生の頃、1日1,000kcalの食事制限で96kg→64kgまでダイエットしたことがあります。

かなり無茶な取り組みだったのでダメージは大きいものになりましたが、マイナス32kgのダイエットに成功したよ、という体験談について書いていきます。

【関連記事】※姉妹サイトです

●【体験談】28kgのダイエットに成功したときの話。確実に痩せる方法だけど、リスクも高いのでおすすめはしません。

【体験談】1日1,000kcalの食事制限で96kg→67kgのダイエットに成功したときの話

極端な食事制限でマイナス32kgのダイエットに成功

僕が中学生の頃、某テレビ番組のダイエット特集で「ざるそばダイエット」なるものが放送され、それがキッカケで『3食全てざる蕎麦』の苦行に取り組んだことがあります。

ざる蕎麦は、1食あたり約360kcalほど。

3食すべてざる蕎麦にすると、トータル1,080kcalほどになり、基礎代謝を圧倒的に下回ることが可能に。

正直、”痩せて当然”とも言える取り組みですが、失ったものも多かったです。

脂肪も肉体も生きる気力も落ちた

1日の摂取カロリーを1,000kcalに制限すると、さまざまなモノが”落ちて”いきます。

脂肪が落ちるのはもちろんですが、筋肉量や生命力、ヤル気、元気、記憶力、脳の活動力…などなど、実に多くのものが”落ちて”しまいました。

不幸にも中学3年生の受験シーズンに実行したため、成績は悪化し、希望の高校に受験することすらままならないという体たらく。すみません、これは単に僕が勉強嫌いだっただけでした。

摂取カロリーを極端にカットすると、痩せること自体は可能ですが、いろんなものを”落として”しまう、ということを痛感した体験談です。

リバウンドはゆっくりと…

だいたい高校2年くらいまでダイエットに取り組み、最終的には96kgから64kgまで体重を落とすことに成功しました。

脂肪だけでなく筋力や生命力なども落ち込んでいたため、生きる気力を取り戻すまでかなりかかりましたが、当然リバウンドもしちゃいましたね…。

2.3年かけて体重が75kgくらいまで増加しちゃった。

そこからまた無茶なダイエットを繰り返し、痩せては太り、また痩せては太り…の繰り返し。

今の僕が昔の僕にアドバイスするとしたら、「基礎代謝以下まで摂取カロリーを落としたらダメ。とりあえず摂取カロリー<消費カロリーの法則だけ守れば痩せるから、焦るな」と助言します。

炭水化物を食べながらでもダイエットは可能

炭水化物を食べると太るのではなく、トータルの摂取カロリーが多いから太るんですよね。

摂取カロリーが消費カロリーを上回るから太るわけであって、炭水化物が太るというわけではない…ということを痛感した出来事でした。

3食ざる蕎麦にしても太らない。

「消費カロリー>摂取カロリー」になるから痩せるだけ。

【体験談】1日1,000kcalの食事制限で96kg→64kgのダイエットに成功したときの話|まとめ

1日1,000kcalの食事制限で96kg→64kgまでダイエットしたときの体験談を書いてみました。

近年では「炭水化物=太る、悪魔の食材」などと言われがち。しかし、炭水化物自体は太る食品でもなかったりする。

個人差はあるかと思いますが、炭水化物を食べながら痩せたい人は、ぜひ「3食ざるそばダイエット」の苦行に取り組んでみてほしいです。

炭水化物が必ずしも太る食材ではないということを痛いくらい理解できるかと思います…。

【こちらもお役に立つかもしれません】

ダイエット体験談はこちら

ダイエットの豆知識はこちら