【成功と継続のコツ】ダイエット中のネガティブ思考(不眠、イライラ、死にたくなるなど)は、あって当然のものだと理解すると、気持ちが楽になる。

ダイエット中は身体が飢餓状態となるため、どうしてもネガティブ思考になりがち。

普段なら気にならないことでイラついてしまったり、気分が落ち込んで死にたくなると感じたり。

ダイエット中のネガティブ思考(病み系思考)は、あって当然のものです。

「ダイエット中のネガティブ思考はあって当然のもの」だと理解しているのといないのでは、継続させる成功率に大きな違いが生まれることも。

この記事では僕個人の体験談を含めた、「ダイエット・減量中のネガティブ思考」について書いていきます。

僕の経験が、ダイエット中に辛い思いをしている人の役に立つと幸いです。

ダイエット・減量中のネガティブ思考は、なくてはならない大切なもの

僕は科学者ではないので詳しいことはわかりませんが、ダイエット中は必ずと言っていいほどネガティブ思考になります。

おそらく身体が「飢餓状態モード」に入っているからなのではないか、と考察しています。

身体が飢餓状態(ダイエットモード)に入ると、脳が「ちょっと君、悠長に休んでいる場合じゃないぞ!もっと飯を食え!」と指令を出し始める。

今以上に身体を動かすのは「消費カロリー」を増やす行為にあたるため、脳が「もうそれ以上動くな!動いたら生命の危機!だからネガティブ思考にして身体を動かさないようにしよう!」というような指令を出す。

ダイエット中のネガティブ思考は、脳の「生命維持機能」によるものなのではないか…というのが僕の体験談からきている持論です。

大抵は、現状維持カロリーまで戻してやると治ります。

ダイエット中は思考がネガティブになる

ダイエット・減量中は、思考がネガティブな方向へ行きがちですよね。

僕自身も長くダイエット(減量)に取り組んでいますが、ネガティブ思考によって何度もダイエットを挫折した経験があります。

ダイエット中はマジで苦しくて、それはもうホンマに死にたくなったりするレベルまで到達することもありますよね。

「死」を覚悟するまで行うのはさすがに無謀とも言えますが、「ダイエット中はネガティブ思考になるのは当たり前のもの」だと知っておくと、ほんの少し心に余裕が生まれます。

●無理して「ポジティブ」に持って行かなくても良い

ダイエット中はどうしてもネガティブ思考に陥りがち。

しかしその働きは、脳の「生命維持機能」が働いているから。

なので、必ずしも「ネガティブになっていちゃダメ!楽しく前向きにダイエットしなきゃ!」などと無理やりポジティブにしていく必要はないと、僕は考えます。

ですが、ダイエットが辛すぎて止めてしまうと元も子もありません。

ダイエットを成功させるには「ネガティブ思考」と上手に付き合うのがキモ。

ダイエット中のネガティブ思考はあって当たり前のものだと認める(無理に改善しようとしない)のが、継続させるための基本。

ダイエット中は不眠にもなる

ダイエット中は身体が飢餓状態なので、脳が「ちょっと君、眠っている場合じゃないで」と判断するためなのか、不眠症状も発症しやすいです。

減量中に睡眠の質が悪化するのは、ボディビルダーにとっては当たり前のことらしいですが、不眠症状は一般人の僕たちにも降りかかる障害でもあると感じています。

更に、思考がネガティブ系になっているということもあり、悪夢・ネガティブな夢を見ることも多くなります。

大丈夫です、ダイエット中の不眠症状や悪夢は、ごく普通に起こる現象です。

摂取カロリーを元に戻せば大体は改善されるので、実はあまり心配しなくてもよかったりします。

しかし、不眠やネガティブ症状が”癖”になってしまうと、摂取カロリーを元に戻しても改善しないこともあります。

ダイエットは自分に無理のない取り組み方をするのが大事だと、僕は考えます。

ネガティブ症状が辛いときの対策

「死にたくなる」

「ダイエットがあまりにも辛すぎて継続できない」

などなど、ダイエットの継続が困難になるレベルの症状が出始めたら、思い切って一旦ストップしましょう。

ここで言う「ストップする」というのは、『ベースカロリー分(現状維持カロリー)の食事を摂取する』ということ。

ダイエットを「完全に止めてしまう」ということではありません。

●ベースカロリーに戻すだけで、ネガティブ症状は改善される

ベースカロリー分の食事を1~3日続けると、身体がそこそこリセットされます。

脳のネガティブ反応も少しマシになるので、ダイエット中に辛すぎて挫折しそうになっている人は、「摂取カロリーをベースカロリー(現状維持カロリー)まで戻す」というテクニックを使うのも有効です。

しかし、ここで注意しないといけないのは、「ベースカロリーを超えない」という部分。

ベースカロリーを超えて食べてしまうと太ってしまうので、この点だけは注意です。

逆に言うと、ベースカロリーさえ超えなければ太らないので、安心して1~3日ほどベースカロリーを摂取する期間を設けましょう。

ちなみに、ベースカロリーの計算や解説は、大学教授でありながらメディアに出演しているバズーカ岡田氏の著書が参考になる

気になる人はチェックしてみてください↓

まとめ:ダイエット中のネガティブ思考、不眠、イライラはあって当然のもの。

ダイエット中は身体が飢餓モードに入るため、普段なら起こり得なかった身体的(心理的)症状が出始めます。

ダイエット中に生まれるネガティブ思考や不眠症状、イライラは「あって当然のもの」だと理解しておくと、『まぁ今はダイエット中だし、こんな症状も出ちゃうよね』と、自分を客観視できるようにもなります。

ダイエット中のネガティブ思考、不眠、イライラなどの感情的なブレが生まれるのは、あって当然のものだと僕は考えています。