ダイエット中の空腹をやわらげるコツ&間食におすすめのダイエット補助食

ダイエット中に気になるのが、空腹感。

ダイエット・減量中はどうしても空腹を感じやすいのが悩みポイントですよね。

3食しっかり・同じ時間に食べようとすると、食事量自体が少ないということもあり、空腹感を感じがち。

ダイエット中の空腹感の苦しみを改善するにはどうすればいいのか?

僕個人の体験談を含めて、ダイエット中の空腹感を改善させる方法について考察していきます。

☆ライタープロフィール

【おもな所有資格】

生涯学習財団・ヘルスケア財団・メンタルケア学術学会認定 『メンタルケアカウンセラー®︎』有資格者。

一般社団法人 ケアフィット推進機構認定『生活習慣病予防プランナー』有資格者。

 

ダイエット中の空腹感を改善するための方法

ダイエット中は摂取カロリーを減らさなければならないため、その分、空腹感を強く感じてしまいがちです。

「あまりにも空腹感が辛くて、気付いたらドカ食いしていた…」などというのは、よくある失敗パターン。

そういった失敗を未然に防ぐという意味でも、空腹感を改善させる方法を身につけておきたいです。

空腹感を紛らすために行なって効果があったと感じた方法は、以下の2つです。

1:食事回数を増やす

2:低カロリーなダイエット食品を間食にいれる

 

1:食事回数を増やす

一般的には、食事回数は朝・昼・夜の3食ですよね。

しかしボディービルダーなどは6食食べる人が多いです。

食事回数を増やすことで空腹感が感じにくくなるためです(空腹状態になると、筋肉を減らす働きが体内で起こってしまうからです)。

どうしても空腹感に耐えられそうにないときは、いつもなら3食食べるところを、5〜6食にわけて摂取してみる。

たとえば、1食につき600カロリー摂っているのであれば、2食(1食につき300カロリー)に分けてみる。

こうすることで空腹感を感じにくくなるため、ダイエットで感じる苦しみをいくらか改善できます。

もやしやブロッコリーなどの野菜を多めに摂ったり、スープ系(鍋とか)を増やしてみたりすることでも、ダイエット時に感じる空腹感をいくらか紛らすことが可能です。

※くれぐれも設定カロリー以上にならないように気をつけてください※

 

2:低カロリーなダイエット食品を間食に入れる

おからクッキーなど、1・2枚食べただけで満腹感を感じられるような「ダイエット系お菓子」を食べるのも効果的だと考えます。

アマゾンでは空腹感防止に「おからクッキー」が人気。

(画像:アマゾン

1枚食べただけでお腹がとても膨れるので、空腹感の苦しみから開放されます。

カロリー自体も50カロリー程度のものが多いので、「おからクッキー」のようなダイエットサポートお菓子を利用してみるのも有効な手段です。

 

まとめ:ダイエット中の空腹感が辛いときは、食事を小分けにする&ダイエットサポート食品を利用する。

ダイエット中は何かと空腹感を感じやすくて辛いです。

ですが、食事回数を多くしてみたり、ダイエットサポート食品を利用したりすれば、かなり楽になるのでおすすめです。

気になった人はダイエット食品や、間食をいれてみるなどの対策をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。