自動でベースカロリーを調節してくれる「マイフィットネスパル(My FitnessPal)」は、ダイエッターなら必ず使っておきたい神アプリ

筋トレダイエットをするときに気にしたいのが、「摂取カロリー」。

どれだけ頑張って運動したところで、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ってしまっては、元も子もありません。

そこで個人的におすすめしたいのが、『My FitnessPal(マイフィットネスパル)』というスマホアプリ。

日々の食事管理をお手軽に計算できるため、”起動しない日はない”と言えるくらい愛用しています。

 

「マイフィットネスパル(My FitnessPal)」のダイエットシステムが信頼できるのでおすすめ

「マイフィットネスパル」の中でも特にお気に入りなのが、「カロリー設定」。

自分の運動量に対して、適切なカロリー設定を自動で行ってくれるのが便利なのです。

 

ユーザーの運動量に対するカロリー設定の精度が高い

ユーザーの運動量によって自動でカロリーを調節してくれる機能が入っています(アクティビティレベルの設定)。

アクティビティレベルは4段階が設けられています。

●あまりアクティブではありません
●少しアクティブ
●アクティブ
●かなりアクティブ

 

●ベースカロリーの計算と、アクティビティレベルのカロリーが同じ

僕は今から1年半くらい前に『マイフィットネスパル』をインストールしたのですが、当時はアクティビティレベルのことを理解していなかったため、ダイエットがうまくいきませんでした。

「筋トレしまくってるし、”少しアクティブか、アクティブくらいかな”」

みたいな感じでアバウトな取り組み方をして、失敗続き。

しかし、ベースカロリーの勉強をしていくにつれて、マイフィットネスパルのアクティビティレベルの精度が、結構高いことに気付きました。

「マイフィットネスパル」の自動カロリー調整機能は、ベースカロリーの計算が面倒だという人に超おすすめなのです。

とりあえず、ここで出る数値を守るだけでも、ダイエットは成功すると感じます。

 

「マイフィットネスパル」の、アクティビティレベルを決めるときの目安

『マイフィットネスパル』のアクティビティを決めるときの目安は、以下のような感じです。

※30代男性、175cm中肉中背、体脂肪率24%、体重80kg

 

●あまりアクティブではありません
→筋トレや散歩など、運動全般をなにもしない人。

●少しアクティブ
→散歩、ウォーキングを少し行う人。
→デスクワークのみの仕事の人が、ジムで筋トレする場合。
→デスクワーク中心で、趣味の活動(アウトドア)は行う、という人。

●アクティブ
→ジョギング、ランニングなどのアクティブな趣味を30分以上、毎日行う人。
→立ち仕事とデスクワーク半々、さらにジムで筋トレする人
→デスクワークの仕事だが、ジムで有酸素を30分以上+筋トレしまくり、な人。

●かなりアクティブ
→肉体労働を行う人。
→肉体労働+筋トレや有酸素運動を行う人。

これはあくまで僕個人の体験からきている目安です。

 

僕は家でデスクワークの仕事をしていますが、ジムに通って運動しているため、「少しアクティブ」。

ジムにも行かず、家でゴロゴロしているだけの時期は、「あまりアクティブではありません」。

アウトドア趣味を持っているので、歩き回ることが多いなら「アクティブ」。

こんな生活なので、大体アクティビティレベルを「少しアクティブ」に設定すると、すんなりダイエットが成功していきます。

まとめ:自動でベースカロリーを調整してくれる『マイフィットネスパル』は、ダイエッターなら必ず使っておきたい神アプリ

「マイフィットネスパル」は、自分のベースカロリーをオートで調節してくれるので、ダイエットを成功させたいなら必ずインストールしておきたい神アプリです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。